多動症の併存症としての強迫性障害の体験談

<PR>
子供に薬は飲ませたくない。。。

>>詳しくはこちらでご覧になれます

自分で解っているはずのことが止められない


私は小学校低学年の頃に多動症と診断され、これまでに両親や学校の先生に沢山迷惑を掛けてきました。

 

 

思春期に入る頃には随分とマシになりましたが、それでもまだ注意力が欠陥していたり、衝動的な行動を取ってしまうことがあります。

 

 

そして現在はもう1つ私を悩ませていることがあり、それが強迫性障害という病気なのです。

 

 

今回は個人的な体験から、強迫性障害と多動症との関係性を説明します。

 

 

まず、多動症の概要説明は省きます。

 

いきなり強迫性障害とはというテーマから入りますが、これは簡単に言えば自分で解っているはずのことが止められない病気です。

 

 

例えば私の場合は、自分の財布の中身や貴重品を紛失したのではないかと、頻繁に不安になっては繰り返し確認をしてしまいます。

 

 

強迫性障害をよくご存じない方には毎回驚かれるのですが、この不安と確認は5分に1回ほどのペースで繰り返すのです。

 

 

さっき確認したばかりで自分でも本当は大丈夫と認識しているはずなのに、こうした行動を取ってしまいます。

 

 

更に、知らない間に他人や物に危害を加えているのではという恐怖に陥ります。

 

 

私の場合は会社の同僚に無意識の間に暴言を吐いていないかや、満員電車で痴漢をしてしまったのではないかという不安をよく持ちます。

 

 

もちろんそのようなことは実際には全くやっていませんが、勝手に不安が押し寄せては私を悩ませるのです。

 

 

つまり強迫性障害とは、自分自身でも不思議と思うような思考や行動を繰り返してしまう特徴があるわけです。

 

 

それでは一体何故それが多動症と関係があるのかと言いますと、多動症によって表れる症状と強迫性障害によって起こる不安の内容が一致しているからです。

 

 

私は今よりももっと多動症の症状が重かったとき、注意力の緩慢さからよくお金を落としたり物を紛失したりしていました。

 

 

あるいは多動症による攻撃性から、何も悪くない友人に突っ掛かるようなこともしていました。

 

 

無論こうした症状が出る度に、私は自分を責めました。

 

 

何故同じ失敗ばかりしてしまうのか、何故大切な友達に酷いことを言ってしまうのか、毎回もう絶対にこのようなことを起こしてはいけないと強く意識し続けたのです。

 

 

その結果が、強迫性障害の発症へと繋がってしまいました。

 

 

段々と年を重ね多動症の症状との向き合い方が解ってくると、今度はいつの間にか私の生活は確認行為一色に変わっていました。

 

 

注意力はちゃんと維持できていたか、お金は落としていないか、友達を傷付けてはいないか、不安感と確認したい気持ちでいっぱいになっていったのです。

 

 

これこそまさに、強迫性障害の症状だったわけです。

 

 

こういった流れから、私は多動症の併存症として強迫性障害を患いました。

 

 

強迫性障害は、本当に疲れます。

 

 

今でも仕事中や通勤中に何度も自分の所持品が失くなっていないか不安になり、これまで何度も引きこもり状態になりかけてきました。

 

 

多動症によって行った自分の行動が強迫性障害の原因になるとは、非常に皮肉なものだなと思います。

 

 

これからも少しでも確認行為への衝動を我慢できるようにし、楽な生活へ向けて努力をしていきたいです。

>>これだけは知っておきたい多動症(ADHD)の予備知識


ストラテラやコンサータなどの薬は飲ませたくないご両親へ


※ここからはお子様に薬を飲ませ始める前に
まずは食品でケアしてみたいとお考えのご両親のみご覧ください。

落ち着きのないお子様へ向けた健康食品のご紹介になります。


医薬品とは
その効果が着実である反面、副作用を承知の上で使用するものになります。

まずは副作用のない食品でどうにかできないものか?

このようなご両親が選ぶアイテムの1つに
  • 子供の落ち着きをつける
  • ストレス耐性をつける
お子様用の健康食品があります。


>>詳しくはこちらの公式ページで確認ください。


食品ですので、もちろん確実な効果や即効性などはありません。

どんな人が選んでるの?


  • うちの子、何となく落ち着きがない
  • 集中力がないにしても、ちょっとおかしい気が、、、
  • 集団行動ができないのは何で?
  • ちょっと短気すぎるような。。。
  • でも、精神科へ行くほどでもないし
  • まだ子供に薬は飲ませたくない

友達との違いで
劣等感が根づく前に何とかしてあげたい

このように
何となく子供の落ち着きに不安を抱えるご両親
から
薬は飲ませたくないご両親まで広く選ばれている健康食品です。


子供向けなので薬よりも
まずは食品で改善させたいという思いに向けられたサプリメントです。
>>詳しくはこちらの公式ホームページでご確認ください。

体験談です


落ち着きがなく困ったチャンの甥っ子と一緒にサプリを飲んでみました。

子供用食品になっているとはいえ、まずは1度試してみたいですよね。

コドミンは返金保証も付いているので試しやすいかと思います。


パッケージはアルミで、普通にジップロックタイプの包装です。


タブレットになるので、大きくて水で一気に飲めません。

アメのように舐めて溶かします。


普通のサプリメントと比べると大きいですが
舐めてとかすタイプなので気になりません。

舐めてみると、、、

ラムネですね。

個人的にはクリームソーダっぽい感じもしました。
完全にお菓子って思えます。

ホントに効くのかな?

っていうくらい食べやすいです。

でも
ラムネよりは、なかなか溶けませんね。

5分位は舐めている必要があります。

子供(ヤンチャな甥っ子)にも与えてますが、お菓子だと思ってるので
違和感を持たせずに与えられるので良いですね。


一気に食べてしまわないように注意しなくちゃです。

効果

やはり、薬ではないので
即効性の効果はないようです。

結局、サプリは食品なので
薬のつもりで飲むと効かないってなるかと思います。


ただし、少しずつ変化も出ているようです。


実感としてはまだ使用期間が2週間と、短いのですが
食事のときの異常なフラフラ歩きがわずかに減ったと聞いています。


薬などの治療をさせるよりはずっと安心なので

もう少し続けて飲んでもらおうかと思います。

>>コドミンの詳細はこちらの公式ページで確認できます。

コドミンの特徴


子供の落ち着きや集中をサポートする大豆由来成分
ホスファチジルセリン(PS)を主成分としたサプリメントです。

  • 病院へ行く前に食べ物でなんとかしたい
  • 子供に薬は飲ませたくない!
  • 子供にイライラしたくない
  • 子供と一緒に自分にも落ち着きが欲しい

このようなご両親が選んでいます。

ホスファチジルセリン(PS)は
脳血流を改善し細胞を活性化させる効果があるとされます。
  • 子供の落ち着きを改善
  • ストレスに強くなる
  • 集中力を改善
  • 記憶力を改善
  • 注意力を改善
  • 判断力の向上
  • アルツハイマー
  • 認知機能障害
  • 記憶障害
などに有効とされます。
>>厚生労働省による調査とホスファチジルセリン(PS)の効果

大豆に含まれる成分ですが
極端に微量であるため、健康食品での摂取が選ばれています。

コドミン公式サイト
>>https://mpj.jp/shopping/特設


その他の多動症サプリメント

日本製の多動症向けサプリメントでは上記のみになりますが、
海外ではいくつか存在します。
DMAE

【特徴】
多動症サプリDMAEとは神経伝達物質の生産をサポートする効果がある成分を含んだサプリです。人の脳内には伝達物質としてアセチルコリンが存在しています。これが存在することで情報の伝達がスムーズにされて、物事を認知したり、集中力を高めることができるのです。そして、ADHDの場合はこの情報伝達がうまくいっていない可能性があります。しかし、多動症サプリDMAEには脳内伝達物質であるアセチルコリンの産生に必要な成分であるジメチルアミノエタノール(DMAE)が含まれています。ジメチルアミノエタノールはアセチルコリンを産生するためのコリン前駆体です。そのため、このサプリメントを摂取することで脳内の伝達物質の生成を促し、情報伝達をスムーズにすることができます。これにより、脳内の混乱を抑え、集中力を高めたり、落ち着くことができるようになるのです。また、このサプリはサプリ大国アメリカでは、ADHDと言えばDMAEと言われるくらい支持されています。また、多動症サプリは数多くありますが、その中でもDMAEは集中力向上に高い効果があります。
このように集中したいのに集中できない、うっかりミスをしてしまうことが多いなど、ADHDの症状に悩んでいる方は多くいます。多動症サプリDMAEとは、そんな症状を緩和して集中力を高めることができるサプリです。また、これはサプリメントなので薬と違って気軽に利用することができます。不注意を改善したい、落ち着いて仕事をしたい、集中力を高めたいという方におすすめのサプリメントです。
レシチン

【特徴】
多動症サプリのレシチンとは、リン脂質の一種に分類される成分です。数ある食品類の中では、卵の黄身の部分に含まれる量が多いですが、日本では味噌などの大豆食品から摂取する伝統があります。レシチンは神経伝達物質のアセチルコリンの原料としても使われるため、豊富に含まれる大豆については、ブレインフードと呼ばれることがあります。脳機能を養うためにも有効されており、多動症サプリの原料としても期待されてきました。記憶力だけでなく、集中力を高めるためにも欠かせない栄養ですから、受験生が使う場合にも恩恵を受けることになります。
水分と油は混ざりにくい性質がありますが、レシチンには乳化作用があるため、マヨネーズ作りで役立てられています。こうした性質があるため、レシチンには血管内のコレステロールを吸着して掃除する役割も担っています。脳機能を高める一方で、血液の健康を支える機能を有することは、多動症サプリに使う場合にも好都合になるわけです。
コリン

【特徴】
コリンは比較的に入手しやすく、効果があります。このコリンのサプリは、脳内伝達物質「アセチルコリン」と深く関わっており多動症の改善の他にも、他の発達症状や、アルツハイマーなどの認知症を改善させる力を秘めていると考えられています。多動症も認知力の病状ですので、コリンサプリを使うと、考えがスッキリして、多動症の症状であり、注意力欠陥や、動くことへの衝動も緩和されていく効果が発揮されます。ドラッグストアや通信販売で手頃に入手することが出来るので、長年多動症で悩んでいる方や、お子さんが多動症と診断された御両親も使用することをおすすめします。多動症とは通称ADHDと呼ばれており、注意力が散漫で、忘れ物が多く、遅刻をよくするなどの先天的な発達症状のことを指します。多動症は、以前まで改善するには病院の処方箋を使うことがメインでしたが、最近では、多動症サプリを使って症状を改善出来るようになってきています。
バコパ

【特徴】
多動症サプリとして注目を集めているバコパは、ホスファルチジンが含まれています。
この成分が、脳や神経組織に多く含まれているリン脂質の一種です。
記憶や集中力をアップするのに欠かすことができません。
毎日摂り入れることで高い効果を実感することができますが、インドの伝統医学であるアーユルヴェーダで利用されてきたハーブでもあるため、安心して摂取することができるでしょう。
毎日をイキイキとやる気をアップするなど、嬉しい効果を期待することができます。
多動症でお悩みの方に最適のバコパとは、ADHDの子供が多いアメリカで人気のサプリメントです。
脳の血流を促してくれるだけでなく頭に回転をよくしてくれるなど、様々な効果があります。
また、ドーパミンの分泌を促すセロトニンを増やせるのも嬉しい点です。
ADHDによりストレスを抱えがちの方にもおすすめです。
大人の方はもちろんのこと、子供も安心して飲める多動症サプリとして人気を集めています。

他の多動症改善グッズって?ないの?

現在、多動症の改善グッズとしては
  • ラップウェイトなどといった重みのあるクッション
  • 自発的に姿勢を正すクッション
  • 肩がけのアロマクッション
など、重みや香りで落ち着かせるものが主流であり
サプリメントはコドミンのみとなります。

関連ページ

てんかん体験談
多動症(ADHD)の併存症としてのてんかん体験談です。
トゥレット症候群の体験談
多動症(ADHD)の併存症としてのトゥレット症候群の体験談です。
自閉スペクトラム症の体験談
多動症(ADHD)の併存症としての自閉スペクトラム症の体験談です。
発達性協調運動障害の体験談
多動症(ADHD)の併存症としての発達性協調運動障害の体験談です。