アスペルガー症候群と多動症の違い

<PR>
子供に薬は飲ませたくない。。。

>>詳しくはこちらでご覧になれます

二つの障害の両方を持っている人がいる

アスペルガー症候群と多動症の1番の違い

 

まず、アスペルガーの人は我慢するということはできます。

 

しかし察するということ苦手です。

 

 

一方多動症の人はその逆で、察することはできますが、我慢するということが苦手です。

 

 

お友達とよく喧嘩になってしまうのは、多動症の子の方です。

 

おもちゃなども、衝動的に欲しくなり、横取りしてしまうこともあります。

 

 

アスペルガーの子供の場合は、周りに合わせたり空気を読むことはできませんが、我慢はできるので、喧嘩になることはあまりありません。これが一番の違いだと言えます。

 

アスペルガー症候群

アスペルガー症候群は、察することが苦手なため、対人関係を築くことが難しい、変化を嫌ったり、強いこだわりを持っていたり、人との会話が成立しないなどの特徴があります。

 

場の空気を読むことができないので、急にふさわしくない言葉を言ってしまうこともあります。

 

また、相手が何を意味しているのかを会話から読み取ることができないので、皮肉を言われてもわからないことがあります。

 

そして、同じことを繰り返しやりたがります。

 

急激な変化にパニックを起こしたりすることもあります。

 

しかし、興味を示したことには没頭するので、天才的な才能を発揮することもあります。

多動症(ADHD・注意欠陥多動性障害)

一方、ADHDと言われている注意欠陥多動性障害は、名前の通り落ち着きがなく、衝動時な行動をしたり、不注意などの症状が代表的です。

 

しゃべり出したら止まらないこともあります。

 

また、順番に並ぶなどの行動が出来ず、衝動的に割り込んでしまったりすることもあります。

 

 

しかし、これらの症状は、本人のわがままなどと誤解されることも多いです。

 

それは本人の問題ではなく、脳の機能の障害です。

 

多動症の子も、興味のあることへの集中力は持っているので、力を発揮しますが、不注意の症状が強い子は、集中力が続かないことが多いです。

 

 

基本的に多動症は、大人になるとコントロールすることが自分でできるようになるため、症状はかなり落ち着きます。

 

 

しかし、このような違いがある二つの障害ですが、知能の遅れや言葉の発達の遅れなどがないため、
表面的には似て見えてしまいます。

 

 

そのため、一般の人には区別が難しいという面もあります。

 

 

専門家でさえ、慎重に診断して判断する必要がある障害です。

 

 

そしてもう一つ、アスペルガー症候群と多動症、
二つの障害の両方を持っている人がいるのも事実です。

 

 

どちらの症状にも当てはまる場合もあります。

 

 

その場合、更に診断は難しくなります。

 

 

専門家が長期間関わり、診断を下す必要があります。

 

 

また、学童期や成人後にも、二つの障害が合併した事例もあるため慎重に診断していかなければなりません。

さらに詳しく違いを比較

もう少し詳しく違いを比較してみましょう。

 

多動症とアスペルガーは共に発達障害に含まれますが、主症状がそれぞれ違っていますので、支援方法も違うものになります。

 

近年増えてきたと言われる発達障害とは、

  • 「広汎性発達障害」
  • 「LD(学習障害)」
  • 「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」
という3つに大きく分けられています。

 

 

それぞれが一部重なっていたり、他とは重ならずに独自の症状があるという部分も併せ持っています。

 

 

多動症(ADHD)とアスペルガーの違い

 

多動症は略してADHDとも呼ばれ、主な症状は「多動性」「不注意性」「衝動性」の3つと言われていて、中には多動性の特徴は持っておらず不注意性が高いADDと呼ばれる症状の人もいます。

 

ADHDは、脳の前側に位置する前葉前野あたりの働きが活発でないというのが原因ではないかと考えられています。

 

アスペルガー症候群の主な症状

アスペルガー症候群の主な症状は、

  • 「コミュニケーションが難しい」
  • 「対人関係が難しい」
  • 「限定された物事への集中やこだわり」
の3つと言われていて、ASDと呼ばれる自閉スペクトラム障害の一つだと考えられています。

 

 

こちらは脳の前頭葉、下前頭回といった社会的活動を行うための脳の部分に関する機能異常だと言われています。

 

 

多動症(ADHD)とアスペルガー症候群の症状をもっと具体的に見てみましょう。

 

 

ADHDの人が持つ不注意性は、目から入ってくるさまざまな情報が気になってしまい、注意力の持続が困難となっている状態のことです。

 

 

長時間の集中も苦手で、思考があちらこちらに飛ぶので忘れ物も多くなります。

 

 

多動性とは、さまざまなことが気になるせいで、じっとしていることができないことです。

 

 

授業中にじっと座っているのも苦手です。

 

 

衝動性とは、深く考えずに思いついたらすぐに行動に移してしまうことです。

 

 

時には周りが目に入らなくて順番を守れなかったり、カッとなると言葉や態度が乱暴になることも少なくありません。

 

 

アスペルガー症候群の人が持つコミュニケーションの難しさとは、会話上での言葉の裏・行間・ニュアンスなどを想像することが苦手であるということです。

 

 

言葉をそのまま鵜呑みにしてしまうので、勘違いしたり傷つきやすい特徴があります。

 

 

人との適切な距離感を取ることが苦手です。

 

 

対人関係が難しいというのは、相手の気持ちを想像することが難しいために起こる人間関係の摩擦にたびたび遭うことです。

 

 

限定された物事への集中やこだわりとは、一度興味を惹かれたものへの集中力が過剰で、こだわりも強いことです。

 

 

規則性を持つものが好きで、周りが驚くほどの集中力や記憶力となります。
これは強みとして活かせればすばらしい特性となります。

 

 

これらそれぞれの違いを踏まえて、多動症(ADHD)とアスペルガーの見分け方を説明します。

 

 

対人関係において、ADHDの人は遅刻や忘れ物、うっかりミスが多くて相手を怒らせてしまうことがありますが、他人の立場に立って物事を考えることはできます。

 

 

アスペルガー症候群の人はうっかりミスは少ないですが、失礼な態度を自分が取っていることに気が付かないことが多く、会話のキャッチボールも苦手で相手を怒らせてしまうことが多いです。

 

 

集中力に関しては上記の通り、お互いに全く逆の特徴を持っています。

 

 

そこから派生して仕事に関するところでは、ADHDの人は不注意・衝動性によりうっかりミスが多く、締め切りに余裕を持たせるという考え方もしないため、いつも締め切りぎりぎりもしくは間に合わない場合が多くなります。

 

 

時間の管理が苦手です。

 

 

アスペルガー症候群の人は過剰に高い集中力により熱中しすぎて、他の仕事まで手が回らないことも多いです。

 

 

暗黙の了解が分からなかったりするのも、見分け方の一つと言えます。

 

>>これだけは知っておきたい多動症(ADHD)の予備知識


ストラテラやコンサータなどの薬は飲ませたくないご両親へ


※ここからはお子様に薬を飲ませ始める前に
まずは食品でケアしてみたいとお考えのご両親のみご覧ください。

落ち着きのないお子様へ向けた健康食品のご紹介になります。


医薬品とは
その効果が着実である反面、副作用を承知の上で使用するものになります。

まずは副作用のない食品でどうにかできないものか?

このようなご両親が選ぶアイテムの1つに
  • 子供の落ち着きをつける
  • ストレス耐性をつける
お子様用の健康食品があります。


>>詳しくはこちらの公式ページで確認ください。


食品ですので、もちろん確実な効果や即効性などはありません。

どんな人が選んでるの?


  • うちの子、何となく落ち着きがない
  • 集中力がないにしても、ちょっとおかしい気が、、、
  • 集団行動ができないのは何で?
  • ちょっと短気すぎるような。。。
  • でも、精神科へ行くほどでもないし
  • まだ子供に薬は飲ませたくない

友達との違いで
劣等感が根づく前に何とかしてあげたい

このように
何となく子供の落ち着きに不安を抱えるご両親
から
薬は飲ませたくないご両親まで広く選ばれている健康食品です。


子供向けなので薬よりも
まずは食品で改善させたいという思いに向けられたサプリメントです。
>>詳しくはこちらの公式ホームページでご確認ください。

体験談です


落ち着きがなく困ったチャンの甥っ子と一緒にサプリを飲んでみました。

子供用食品になっているとはいえ、まずは1度試してみたいですよね。

コドミンは返金保証も付いているので試しやすいかと思います。


パッケージはアルミで、普通にジップロックタイプの包装です。


タブレットになるので、大きくて水で一気に飲めません。

アメのように舐めて溶かします。


普通のサプリメントと比べると大きいですが
舐めてとかすタイプなので気になりません。

舐めてみると、、、

ラムネですね。

個人的にはクリームソーダっぽい感じもしました。
完全にお菓子って思えます。

ホントに効くのかな?

っていうくらい食べやすいです。

でも
ラムネよりは、なかなか溶けませんね。

5分位は舐めている必要があります。

子供(ヤンチャな甥っ子)にも与えてますが、お菓子だと思ってるので
違和感を持たせずに与えられるので良いですね。


一気に食べてしまわないように注意しなくちゃです。

効果

やはり、薬ではないので
即効性の効果はないようです。

結局、サプリは食品なので
薬のつもりで飲むと効かないってなるかと思います。


ただし、少しずつ変化も出ているようです。


実感としてはまだ使用期間が2週間と、短いのですが
食事のときの異常なフラフラ歩きがわずかに減ったと聞いています。


薬などの治療をさせるよりはずっと安心なので

もう少し続けて飲んでもらおうかと思います。

>>コドミンの詳細はこちらの公式ページで確認できます。

コドミンの特徴


子供の落ち着きや集中をサポートする大豆由来成分
ホスファチジルセリン(PS)を主成分としたサプリメントです。

  • 病院へ行く前に食べ物でなんとかしたい
  • 子供に薬は飲ませたくない!
  • 子供にイライラしたくない
  • 子供と一緒に自分にも落ち着きが欲しい

このようなご両親が選んでいます。

ホスファチジルセリン(PS)は
脳血流を改善し細胞を活性化させる効果があるとされます。
  • 子供の落ち着きを改善
  • ストレスに強くなる
  • 集中力を改善
  • 記憶力を改善
  • 注意力を改善
  • 判断力の向上
  • アルツハイマー
  • 認知機能障害
  • 記憶障害
などに有効とされます。
>>厚生労働省による調査とホスファチジルセリン(PS)の効果

大豆に含まれる成分ですが
極端に微量であるため、健康食品での摂取が選ばれています。

コドミン公式サイト
>>https://mpj.jp/shopping/特設


その他の多動症サプリメント

日本製の多動症向けサプリメントでは上記のみになりますが、
海外ではいくつか存在します。
DMAE

【特徴】
多動症サプリDMAEとは神経伝達物質の生産をサポートする効果がある成分を含んだサプリです。人の脳内には伝達物質としてアセチルコリンが存在しています。これが存在することで情報の伝達がスムーズにされて、物事を認知したり、集中力を高めることができるのです。そして、ADHDの場合はこの情報伝達がうまくいっていない可能性があります。しかし、多動症サプリDMAEには脳内伝達物質であるアセチルコリンの産生に必要な成分であるジメチルアミノエタノール(DMAE)が含まれています。ジメチルアミノエタノールはアセチルコリンを産生するためのコリン前駆体です。そのため、このサプリメントを摂取することで脳内の伝達物質の生成を促し、情報伝達をスムーズにすることができます。これにより、脳内の混乱を抑え、集中力を高めたり、落ち着くことができるようになるのです。また、このサプリはサプリ大国アメリカでは、ADHDと言えばDMAEと言われるくらい支持されています。また、多動症サプリは数多くありますが、その中でもDMAEは集中力向上に高い効果があります。
このように集中したいのに集中できない、うっかりミスをしてしまうことが多いなど、ADHDの症状に悩んでいる方は多くいます。多動症サプリDMAEとは、そんな症状を緩和して集中力を高めることができるサプリです。また、これはサプリメントなので薬と違って気軽に利用することができます。不注意を改善したい、落ち着いて仕事をしたい、集中力を高めたいという方におすすめのサプリメントです。
レシチン

【特徴】
多動症サプリのレシチンとは、リン脂質の一種に分類される成分です。数ある食品類の中では、卵の黄身の部分に含まれる量が多いですが、日本では味噌などの大豆食品から摂取する伝統があります。レシチンは神経伝達物質のアセチルコリンの原料としても使われるため、豊富に含まれる大豆については、ブレインフードと呼ばれることがあります。脳機能を養うためにも有効されており、多動症サプリの原料としても期待されてきました。記憶力だけでなく、集中力を高めるためにも欠かせない栄養ですから、受験生が使う場合にも恩恵を受けることになります。
水分と油は混ざりにくい性質がありますが、レシチンには乳化作用があるため、マヨネーズ作りで役立てられています。こうした性質があるため、レシチンには血管内のコレステロールを吸着して掃除する役割も担っています。脳機能を高める一方で、血液の健康を支える機能を有することは、多動症サプリに使う場合にも好都合になるわけです。
コリン

【特徴】
コリンは比較的に入手しやすく、効果があります。このコリンのサプリは、脳内伝達物質「アセチルコリン」と深く関わっており多動症の改善の他にも、他の発達症状や、アルツハイマーなどの認知症を改善させる力を秘めていると考えられています。多動症も認知力の病状ですので、コリンサプリを使うと、考えがスッキリして、多動症の症状であり、注意力欠陥や、動くことへの衝動も緩和されていく効果が発揮されます。ドラッグストアや通信販売で手頃に入手することが出来るので、長年多動症で悩んでいる方や、お子さんが多動症と診断された御両親も使用することをおすすめします。多動症とは通称ADHDと呼ばれており、注意力が散漫で、忘れ物が多く、遅刻をよくするなどの先天的な発達症状のことを指します。多動症は、以前まで改善するには病院の処方箋を使うことがメインでしたが、最近では、多動症サプリを使って症状を改善出来るようになってきています。
バコパ

【特徴】
多動症サプリとして注目を集めているバコパは、ホスファルチジンが含まれています。
この成分が、脳や神経組織に多く含まれているリン脂質の一種です。
記憶や集中力をアップするのに欠かすことができません。
毎日摂り入れることで高い効果を実感することができますが、インドの伝統医学であるアーユルヴェーダで利用されてきたハーブでもあるため、安心して摂取することができるでしょう。
毎日をイキイキとやる気をアップするなど、嬉しい効果を期待することができます。
多動症でお悩みの方に最適のバコパとは、ADHDの子供が多いアメリカで人気のサプリメントです。
脳の血流を促してくれるだけでなく頭に回転をよくしてくれるなど、様々な効果があります。
また、ドーパミンの分泌を促すセロトニンを増やせるのも嬉しい点です。
ADHDによりストレスを抱えがちの方にもおすすめです。
大人の方はもちろんのこと、子供も安心して飲める多動症サプリとして人気を集めています。

他の多動症改善グッズって?ないの?

現在、多動症の改善グッズとしては
  • ラップウェイトなどといった重みのあるクッション
  • 自発的に姿勢を正すクッション
  • 肩がけのアロマクッション
など、重みや香りで落ち着かせるものが主流であり
サプリメントはコドミンのみとなります。