多動症(adhd)サプリメント

<PR>
子供に薬は飲ませたくない。。。

>>詳しくはこちらでご覧になれます

多動症サプリメントってダイジョブ?


多動症サプリメントについてまとめました。

 

 

子供の注意力や集中力を心配する親の間で注目を集めているのが、コドミンなどの多動症サプリメントです。

 

選ばれている多動症サプリメント

 

下記は、中でも比較的に人気の高いサプリです。
国産品はコドミンのみとなっています。

 

コドミン


【特徴】

コドミンは、ホスファチジルセリンが配合されているサプリメントです。
ホスファチジルセリンは、大豆に少量だけ含まれているリン脂質の一種で、子供の集中力や記憶力をサポートします。
ホスファチジルセリンは、食品から十分補うことが難しいため、サプリメントを利用している人が多いのです。

 

コドミン公式サイト
https://mpj.jp/shopping/特設

 

DMAEやコリンサプリ、バコパ、Lチロシンなども注目されています。

DMAE


【特徴】

DMAEは、アセチルコリンを生産するために必要なものです。DMAEは、頭を落ち着かせて物事を正しく判断できるようにサポートしてくれます。サプリメント大国のアメリカでは、とても人気があります。落ち着いていられない、片付けられない、集中できない、不注意が多いなどの症状で悩む方がいます。それはもしかしたらADHD(注意欠陥・多動性障害)かもしれません。このような症状を持っていると仕事でうっかりミスをしてしまったり、時間内に仕事が終わらなかったり、時間管理が上手くできずに、できない自分に落ち込んでしまうこともあります。そんな症状を緩和する効果が期待できるのが、多動症サプリDMAEです。
まず、ADHDを発症してしまう原因ははっきりとは分かっていませんが、先天的なもので神経生物学的な障害とされています。そして、これを根本的に治療することはできません。しかし、療育や薬物療法をすることで症状を抑制して集中力を高めることができます。そして、そのようなサポートとして有効なのが多動症サプリDMAEです。

 

https://www.amazon.co.jp/s/

 

コリンサプリ


【特徴】

コリンサプリとは、アセチルコリンという脳内神経伝達物質をベースとしたサプリメントです。
バコパもアメリカでは人気があるサプリメントのひとつです。バコパとはインドの伝承医学であるアーユルヴェーダで長年使われてきたもので、現在でも注意力や集中力の改善や精神安定のために利用されています。
Lチロシンとはsン系伝達物質のノルアドレナリンとドーパミンの生産において、重要な役割を果たしています。

https://www.amazon.co.jp/

 

亜鉛サプリ

亜鉛は、健康にとって重要な栄養素ですが、発達障害を抱えている人は、血中亜鉛濃度が低いと言われています。そのため、亜鉛を積極的に摂取している人も少なくありません。

 

亜鉛は、牡蠣などに含まれていますが、効率良く摂取するためにサプリメントを使っている人も多いです。

 

多動症サプリメントのデメリット

なはり、薬とは違うので即効性が弱い点です。

 

ある程度の期間を食べ続けて、ゆっくりと改善へ向ける目的で作られています。
摂取してすぐに多動症改善ができるものではありません。

 

  • 薬や専門機関に頼る前に
  • 療育などのケアを受けるのと並行して

利用するものと言えます。

多動症サプリメントのメリット

副作用がない
という点が大きなメリットと言えます。

 

できれば
子供にストラテラやコンサータなどの薬は飲ませたくないものです。
薬には必ず大小の副作用が存在します。

 

薬ではないので好きな時に摂取することができる点も良いですね。

 

子供相手なので、なかなかキッチリと食べてくれない事もあります。

 

コドミンなどのお菓子に近いサプリメントは喜んで食べてくれるので人気があるようです。

多動症サプリの効果的な飲み方

多動症サプリの効果的な飲み方は、人によって違います。効果の出方も人それぞれです。実際に飲んでみて、いつ、どのくらい摂取するのが最も自分に合っているかをよく把握して利用することが大切です。
多動症サプリメントは、様々なメーカーが販売していますが、子供が飲むものは特に品質に注意して購入することが大事です。

多動症サプリの体験談


私の息子が多動症サプリを使用した際の体験談を書きます。

 

私の息子は小さいころから活発なところがあり、それは成長とともに活発という言葉では片づけることができないようになっていきました。

 

幼稚園に入園してからは、毎日担任の先生から連絡が来るようになりました。

 

担任の先生から報告される内容は、黙って話を聞くことができない、勝手に行動してしまうので目が離せないといったものがほとんどでした。

 

毎日先生に謝りながらも、子供にはちゃんとするように言い聞かせていました。

 

私が叱っている最中も息子は目をそらしたり、足や手をずっと動かしていました。

 

 

息子は他の子供とは何かが違うのではないかと思いつつも、主人や私の両親に相談すると男の子はそんなものだと言われてしまい、成長すれば治まるから大丈夫という言葉を信用してしまっていました。

 

 

幼稚園に入園してから半年ほど経った頃、息子が幼稚園の体育館の舞台から飛び降りてケガをしてしまったことがありました。

 

 

勝手に走り回って舞台に飛び乗り、そこからジャンプした際に転倒したことが原因でした。その時のケガで受診した病院で、息子が多動症なのではないかと言われました。ですがはっきりとした診断をするのはまだ早いということで、様子を見ることになりました。

 

 

何か今からできることはないかと考えた私は、多動症サプリの存在を知り息子に飲ませてみることにしました。

 

子供でも飲みやすいように味がついているものを選び、毎日飲ませていました。

 

 

すると数ヶ月経った頃から、幼稚園の先生からの連絡の回数が極端に減っていきました。

 

 

家の中の息子の様子も以前とは比べ物にならないくらい変化し、私や夫の話をしっかり聞くことができるようになりました。

 

 

同年代の他の子供と比較すればまだ落ち着きがない部分は見られるものの、それでも集団生活で不自由を感じる場面が少なくなったようでした。

 

 

多動症サプリは薬とは違うので明確な診断がされていない時点でも飲み始めることができ、続けることでしっかりとした効果を実感することができました。

 

 

現在でも息子は毎日欠かさず飲んでくれていますし、味に工夫がされているので嫌がることもありません。

 

息子と同じように多動症の疑いがあると言われた友人の子供にもおすすめしましたが、友人の子供にも効果があったと喜ばれました。

 

 

今後もどのような状態になるかはわかりませんが、多動症サプリで改善できると感じているので飲ませ続けたいと考えています。

 

<あとがき>
日本では、ADHDと呼ばれる注意欠陥多動性障害の子供が問題になっています。注意欠陥多動性障害の特徴は、落ち着きがなく、集中力がないことです。学校などで教師から与えられた課題があっても、途中で放り出して他のことをしてしまう子供もいます。宿題を忘れるなど忘れ物が多かったり、ルールを守れない、事前よく考えて行動できないなど様々な問題が出る子供も少なくありません。注意欠陥多動性障害の子供は、親や教師に叱られることが多く、自信をなくしてしまうこともあります。最近は、情報も多くなっており、医療機関でも治療が行われてます。適切な治療を行うことで、つらい状況が改善されていき、精神的に落ち着いて過ごしている人もいます。
注意欠陥多動性障害は、学校や家庭で様々な困難が起こることが多く、何かもうまくいかないと自分を責めて落ち込み、うつ病などの二次的な障害が起こることもあるので注意が必要です。
注意欠陥多動性障害の場合、環境調整が重要となります。周囲の人の協力も重要で、周りの人の協力を得ながら家庭や学校での環境を改善していきます。最近では、ソーシャルスキルのトレーニングや認知行動療法なども注目を集めています。子供の注意欠陥多動性障害の場合は、小児科や児童精神科などで治療が行われています。注意欠陥多動性障害は、多動性や衝動性、不注意という特有の症状があり、さらに他の障害を持つ子供もいます。症状の現れ方は子供によって異なるため、専門知識を持つ医師以外では正しく対処できないケースもあります。自宅の近くに専門医がいない場合は、地域の保健センターや児童相談所、発達障害者支援センターに相談して、医療機関を紹介してもらうことも可能です。