ADHD(多動症)の二次障害

<PR>
子供に薬は飲ませたくない。。。

>>詳しくはこちらでご覧になれます

知っておくべき多動症の二次障害


多動症のまま成長してゆくことで、さまざまな二次障害が関連してくるとされます。

 

二次障害は多動症による生活環境、対人関係によって
自尊心が育ちにくい事が関係しています。

 

自分ではどうしようもない事とわかっていても
他人から認めてもらえない
といった状況が二次的障害をまねきます。

 

ここでは二次障害として報告されている障害についてまとめていきます。

 

反抗挑戦性障害

反抗挑戦性障害とは、怒りに基づいた不服従や挑戦的行動、反抗の持続的様式と表現される、児童期の精神障害です。

 

この障害は、9歳前後〜思春期前後に見られ、注意欠陥多動性障害を持っている子供の4割が発症するともいわれています。

反抗挑戦性障害の症状

症状としては、反抗的で挑戦的な態度をとり、規則に対して必要以上に反抗したり、感情をコントロールすることが苦手で、度が過ぎる態度をとります。

 

一般的には年齢とともに自然と落ち着いていきます。

反抗挑戦性障害の原因

反抗挑戦性障害の原因は、さまざまな精神疾患が考えられ、反抗的であるだけではなく、挑戦的なところも特徴となっています。これは良い面ともとれます。

反抗挑戦性障害の治療方法

治療方法としては、親子関係の修復や育児支援などがあり、注意欠陥多動性障害を持っている子供に対しては、薬物が使用されることもあります

自閉スペクトラム症

自閉スペクトラム症とは、対人コミュニケーションが困難で、反復的な行動や興味、活動が現れる障害です。

 

言語障害や知的障害を伴う場合と伴わない場合があり、年齢や環境などによって症状には大きく差がでると考えられています。

自閉スペクトラム症の症状

症状の出方は個人差があり、生活に支障をきたすほど重症の場合もあれば、ほとんど問題なく暮らせる人までさまざまです。

自閉スペクトラム症の原因

自閉スペクトラム症の原因は特定されていませんが、生まれつきの脳機能障害だと考えられています。

限局性学習障害

限局性学習障害とは、知的な遅れがあるわけではなく、文字の読み書き、計算などの能力に問題がある学習障害です。

 

限局性学習障害には、

  • 書字障害
  • 計算能力障害
  • 読字障害
  • 空間認知障害
  • 発達性協調運動障害
などがあり、育て方や親のしつけが問題で起こる障害ではなく、あくまでも特徴という面が強いといえます。

>>限局性学習障害についてもっと詳しく読む

知的能力障害

知的能力障害とは、18歳までに生じた知的機能障害によって、認知能力が全般的に遅れた水準にとどまっている状態のことをいいます。

 

この障害によく見られる行動としては

  • 向かい合って指導すると、左右が逆になって混乱を起こしてしまう
  • 1度に複数のことを伝えても1部しか覚えていない
  • 幼稚な行動がいくつになっても見られ、すぐに泣くなどの行動が見られる
  • 遊んでいるのをなかなかやめず、注意をするとパニックになる
  • 字の読み書き、洋服を一人でたたむなど簡単なことも身につけるのに時間がかかる

などがあります。

発達性協調運動症

発達性協調運動症とは、協調的な運動がぎこちなかったり、全身運動や微細運動が不器用な障害で、手と手、足と手などの個別の動きを一緒に行うような運動が困難となるため、日常生活での運動に困難が現れます。

 

粗大運動は、感覚器官からの情報をもとに行う、移動と姿勢に関する運動のことで、寝返りや歩く、走る、泳ぐ、自転車に乗るなどの運動です。

 

一方、微細運動は、感覚器官や粗大運動で得られた情報をもとに、小さい筋肉の調整が必要な運動で、絵を描く、字を書くなどです。

発達性協調運動症の原因

発達性協調運動症ははっきりとした原因はまだわかっていませんが、妊娠中のアルコール摂取や早産、低体重で生まれた場合に発症する確率が高いという研究があります。

トゥレット症

トゥレット症とは、チックで定義される症候群で、心理状態によって影響をうけることがあり、神経発達症に含まれます。

トゥレット症の原因

トゥレット症の原因は、遺伝要因と環境要因の両方が関係しているといわれ、ドーパミンやセロトニンなどの神経伝達物質の異常が関係しているともいわれています。

 

発症年齢は18歳以下とされ、特に7歳前後に多く見られる障害です。

トゥレット症の治療方法

治療方法は、

  • 心理教育
  • 環境調整
  • 薬物療法
  • 行動療法
  • 外科治療
などがあります。

強迫性障害

強迫性障害とは、自分ではつまらないことだとわかっていても、何度も同じ確認を繰り返してしまい、日常生活に支障がでてしまう障害で、心の病気と気づいていない人も少なくありません。

強迫性障害の治療

強迫性障害の治療には、

  • 認知行動療法
  • 薬物療法
があります。

不安障害

不安障害とは、不安が頻繁に起こるようになり、発汗や動悸、不眠、めまい、下痢などのさまざまな身体症状が現れ、日常生活にも支障をきたす状態になることです。

 

不安症とも呼ばれ、不安や恐怖などの対象や現れ方はさまざまです。

双極性障害

双極性障害とは、気分が高まったり落ち込んだりする躁鬱状態を繰り返す脳の病気で、躁状態の時には活動的になり、気分が高まって誰かれかまわずに話しかけたり、眠らずに動き回るなどの症状がみられますが、一方、鬱状態では、眠れなくなったり、一日中憂鬱な気分になり、体を動かすことができないといった症状もみまれます。

反応性アタッチメント障害

反応性アタッチメント障害とは、保護者との関係の歪みに基づく子供の行動障害で、反応性愛着障害をもったまま大人になり、自分が受けたのと同じような行動を繰り返してしまう障害です。

 

長期にわたって保護者から虐待などを受け、愛着を正常な方向にむけることができず、対人関係を構築する力が未発達であるために、引き起こされる行動障害です。

反応性アタッチメント障害の原因

原因は、虐待以外にも保護者が離婚と再婚を繰り返して、頻繁に保護者が変わったりするようなことでも起こります。

反応性アタッチメント障害の治療方法

治療法としては、長期的に正しい家庭環境へ子供を入れることが大切で、愛情を子供の中に充実させていくことで、改善されていきます。

二次障害に関連する病態

多動症に関連するケースとして以下の病態もあるようです。

 

てんかん

てんかんとは、通常脳の中の神経細胞は必要な時に興奮し、その刺激を必要な場所にだけ伝えています。

 

しかし、何らかの原因で勝手に(医学的に自律性にと表現します)、そして異常に神経が興奮してしまう状態が繰り返している状態をてんかんと呼んでいます。

 

大事なのが繰り返しているということです。

 

1回だけの発作であればてんかんとは言わないということです。

 

さらに、意識をなくす発作もあれば、意識はあるけれども体の一部が勝手に動くなどのような、発作のタイプもいろいろあり、それぞれの発作のタイプによって治療するお薬が変わってきます。成人では高齢者の特に脳出血などの脳の病気の後に起こることもあります。

脳炎後後遺症

脳炎後後遺症とは、脳炎を起こした後、脳の機能に障害がのこり何らかの症状を呈した状態を指します。

 

その症状は脳炎によって障害を受けた神経細胞がどれぐらいの範囲にわたっているのか、脳炎を起こしたときの初期治療などで大きく異なり、日常生活にはそれほど影響ないものから、歩けなくなったり言葉が話せなくなる、あるいは寝たきりの状態など様々です。

 

脳炎の原因としてはインフルエンザのほか、子供の突発性発疹、ロタウイルスのほか、成人でも起きうるものとしてヘルペスウイルスなどがあります。

頭部外傷後後遺症

頭部外傷後後遺症とは交通事故など、頭部に対する外傷、つまり頭へのけがで脳にダメージを受け、そのダメージがリハビリなどの治療によっても頭部外傷を受ける以前の機能にまで回復しない症状を頭部外傷後後遺症と呼んでいます。

 

症状として手足のまひや、言語障害、運動機能障害や感覚障害など様々です。頭部外傷後にてんかんを発症することもあり、これも頭部外傷後後遺症の一つです。

甲状腺機能亢進症

甲状腺機能亢進症とは、首の前にある蝶のような形をした甲状腺という甲状腺ホルモンを分泌する臓器から、通常は適切な量の甲状腺ホルモンが分泌されるようにコントロールされていますが、免疫機能の異常などにより異常に多量の甲状腺ホルモンが分泌され、様々な症状を引き起こす病気です。

 

甲状腺ホルモンは代謝を促進したり活発にする働きを持っています。甲状腺機能亢進症の症状としては動悸、手の震え、汗の量が異常に増えてくる、痩せてくる、イライラするなどから、症状が進行してくると眼球が突出してくるなどが見られます。

 

診断は症状と血液検査などから行われます。
成人女性に圧倒的に多い病気です。

副腎白質ジストロフィー

副腎白質ジストロフィーとは、脳や脊髄のような中枢神経にある神経細胞には髄鞘という鞘がありますが、その鞘が消えてしまう脱髄、あるいは神経が脱落してしまうことと、腎臓の上にある副腎というステロイドホルモンなどを産生する副腎という臓器の機能不全を合併して起こす疾患です。

 

原因となる遺伝子はX染色体にあり、主に男性に発症することがほとんどです。女性はX染色体を2本持っているので発症することは非常にまれなのです。

 

発症は小児期から起きるものから成人期で発症するものまでさまざまで、知能障害や、落ち着きがないなどの行動の異常、歩行障害など様々で信仰の非常に速いものと、非常に緩やかな経過をとるものなど個人差が大きいです。

多動症の視聴覚障害

視聴覚障害とは光を感じる目からその刺激を認知する脳までの間の何らかの異常により、ものを見て認識することができない視力障害と、音の感じる耳からその刺激が伝わる脳までの間の何らかの原因により音が聞こえない、あるいは聞こえにくい聴覚障害を合併している状態のことを指します。

 

原因としては先天的な脳や目、耳の異常によるものから、何らかの事故などのけがが原因となるものなど、様々です。これらの障害を持つ人に対してはその障害の種類や程度により国からの補助などを受けることができます。

多動症による睡眠障害

睡眠障害とは日常生活の中で睡眠に関する問題を抱えた状態で、日常生活などに影響を及ぼしている状態を指します。その中には眠ろうとしても眠れない入眠障害、眠ることはできるけれども必ず夜に起きてしまう中途覚醒、眠れるけれども起きようともしていないのに起きてしまう早期覚醒など、睡眠障害にも多くのパターンがあり、患者さんによってはそれが合併している場合も見られます。睡眠障害に関しての研究は進んでおり、副作用が少なく効果的なお薬もたくさん発売されるようになってきています。

多動症によるアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、皮膚の炎症を引き起こし、強いかゆみや湿疹が発生し、皮膚のバリア機能が失われてしまう疾患で、原因は明確なものはわかっていません。

 

皮膚に存在する物質の遺伝子異常が関連する場合もあるといわれていますが、すべてのアトピー性皮膚炎がその異常で説明できるわけではなく、原因は多種多様なものが患者さんそれぞれで異なっているとも考えられています。アレルギー性鼻炎などのアレルギー疾患を合併しやすく、不適切な治療や対応が症状の悪化を招くこともあります。治療は基本的には病院でもらうステロイドの適切な使用と保湿とされています。皮膚のバリア機能は子供の食物アレルギーとの関連も指摘されているため、特に小児期のしっかりとした治療は重要です。

>>これだけは知っておきたい多動症(ADHD)の予備知識


ストラテラやコンサータなどの薬は飲ませたくないご両親へ


※ここからはお子様に薬を飲ませ始める前に
まずは食品でケアしてみたいとお考えのご両親のみご覧ください。

落ち着きのないお子様へ向けた健康食品のご紹介になります。


医薬品とは
その効果が着実である反面、副作用を承知の上で使用するものになります。

まずは副作用のない食品でどうにかできないものか?

このようなご両親が選ぶアイテムの1つに
  • 子供の落ち着きをつける
  • ストレス耐性をつける
お子様用の健康食品があります。


>>詳しくはこちらの公式ページで確認ください。


食品ですので、もちろん確実な効果や即効性などはありません。

どんな人が選んでるの?


  • うちの子、何となく落ち着きがない
  • 集中力がないにしても、ちょっとおかしい気が、、、
  • 集団行動ができないのは何で?
  • ちょっと短気すぎるような。。。
  • でも、精神科へ行くほどでもないし
  • まだ子供に薬は飲ませたくない

友達との違いで
劣等感が根づく前に何とかしてあげたい

このように
何となく子供の落ち着きに不安を抱えるご両親
から
薬は飲ませたくないご両親まで広く選ばれている健康食品です。


子供向けなので薬よりも
まずは食品で改善させたいという思いに向けられたサプリメントです。
>>詳しくはこちらの公式ホームページでご確認ください。

体験談です


落ち着きがなく困ったチャンの甥っ子と一緒にサプリを飲んでみました。

子供用食品になっているとはいえ、まずは1度試してみたいですよね。

コドミンは返金保証も付いているので試しやすいかと思います。


パッケージはアルミで、普通にジップロックタイプの包装です。


タブレットになるので、大きくて水で一気に飲めません。

アメのように舐めて溶かします。


普通のサプリメントと比べると大きいですが
舐めてとかすタイプなので気になりません。

舐めてみると、、、

ラムネですね。

個人的にはクリームソーダっぽい感じもしました。
完全にお菓子って思えます。

ホントに効くのかな?

っていうくらい食べやすいです。

でも
ラムネよりは、なかなか溶けませんね。

5分位は舐めている必要があります。

子供(ヤンチャな甥っ子)にも与えてますが、お菓子だと思ってるので
違和感を持たせずに与えられるので良いですね。


一気に食べてしまわないように注意しなくちゃです。

効果

やはり、薬ではないので
即効性の効果はないようです。

結局、サプリは食品なので
薬のつもりで飲むと効かないってなるかと思います。


ただし、少しずつ変化も出ているようです。


実感としてはまだ使用期間が2週間と、短いのですが
食事のときの異常なフラフラ歩きがわずかに減ったと聞いています。


薬などの治療をさせるよりはずっと安心なので

もう少し続けて飲んでもらおうかと思います。

>>コドミンの詳細はこちらの公式ページで確認できます。

コドミンの特徴


子供の落ち着きや集中をサポートする大豆由来成分
ホスファチジルセリン(PS)を主成分としたサプリメントです。

  • 病院へ行く前に食べ物でなんとかしたい
  • 子供に薬は飲ませたくない!
  • 子供にイライラしたくない
  • 子供と一緒に自分にも落ち着きが欲しい

このようなご両親が選んでいます。

ホスファチジルセリン(PS)は
脳血流を改善し細胞を活性化させる効果があるとされます。
  • 子供の落ち着きを改善
  • ストレスに強くなる
  • 集中力を改善
  • 記憶力を改善
  • 注意力を改善
  • 判断力の向上
  • アルツハイマー
  • 認知機能障害
  • 記憶障害
などに有効とされます。
>>厚生労働省による調査とホスファチジルセリン(PS)の効果

大豆に含まれる成分ですが
極端に微量であるため、健康食品での摂取が選ばれています。

コドミン公式サイト
>>https://mpj.jp/shopping/特設


その他の多動症サプリメント

日本製の多動症向けサプリメントでは上記のみになりますが、
海外ではいくつか存在します。
DMAE

【特徴】
多動症サプリDMAEとは神経伝達物質の生産をサポートする効果がある成分を含んだサプリです。人の脳内には伝達物質としてアセチルコリンが存在しています。これが存在することで情報の伝達がスムーズにされて、物事を認知したり、集中力を高めることができるのです。そして、ADHDの場合はこの情報伝達がうまくいっていない可能性があります。しかし、多動症サプリDMAEには脳内伝達物質であるアセチルコリンの産生に必要な成分であるジメチルアミノエタノール(DMAE)が含まれています。ジメチルアミノエタノールはアセチルコリンを産生するためのコリン前駆体です。そのため、このサプリメントを摂取することで脳内の伝達物質の生成を促し、情報伝達をスムーズにすることができます。これにより、脳内の混乱を抑え、集中力を高めたり、落ち着くことができるようになるのです。また、このサプリはサプリ大国アメリカでは、ADHDと言えばDMAEと言われるくらい支持されています。また、多動症サプリは数多くありますが、その中でもDMAEは集中力向上に高い効果があります。
このように集中したいのに集中できない、うっかりミスをしてしまうことが多いなど、ADHDの症状に悩んでいる方は多くいます。多動症サプリDMAEとは、そんな症状を緩和して集中力を高めることができるサプリです。また、これはサプリメントなので薬と違って気軽に利用することができます。不注意を改善したい、落ち着いて仕事をしたい、集中力を高めたいという方におすすめのサプリメントです。
レシチン

【特徴】
多動症サプリのレシチンとは、リン脂質の一種に分類される成分です。数ある食品類の中では、卵の黄身の部分に含まれる量が多いですが、日本では味噌などの大豆食品から摂取する伝統があります。レシチンは神経伝達物質のアセチルコリンの原料としても使われるため、豊富に含まれる大豆については、ブレインフードと呼ばれることがあります。脳機能を養うためにも有効されており、多動症サプリの原料としても期待されてきました。記憶力だけでなく、集中力を高めるためにも欠かせない栄養ですから、受験生が使う場合にも恩恵を受けることになります。
水分と油は混ざりにくい性質がありますが、レシチンには乳化作用があるため、マヨネーズ作りで役立てられています。こうした性質があるため、レシチンには血管内のコレステロールを吸着して掃除する役割も担っています。脳機能を高める一方で、血液の健康を支える機能を有することは、多動症サプリに使う場合にも好都合になるわけです。
コリン

【特徴】
コリンは比較的に入手しやすく、効果があります。このコリンのサプリは、脳内伝達物質「アセチルコリン」と深く関わっており多動症の改善の他にも、他の発達症状や、アルツハイマーなどの認知症を改善させる力を秘めていると考えられています。多動症も認知力の病状ですので、コリンサプリを使うと、考えがスッキリして、多動症の症状であり、注意力欠陥や、動くことへの衝動も緩和されていく効果が発揮されます。ドラッグストアや通信販売で手頃に入手することが出来るので、長年多動症で悩んでいる方や、お子さんが多動症と診断された御両親も使用することをおすすめします。多動症とは通称ADHDと呼ばれており、注意力が散漫で、忘れ物が多く、遅刻をよくするなどの先天的な発達症状のことを指します。多動症は、以前まで改善するには病院の処方箋を使うことがメインでしたが、最近では、多動症サプリを使って症状を改善出来るようになってきています。
バコパ

【特徴】
多動症サプリとして注目を集めているバコパは、ホスファルチジンが含まれています。
この成分が、脳や神経組織に多く含まれているリン脂質の一種です。
記憶や集中力をアップするのに欠かすことができません。
毎日摂り入れることで高い効果を実感することができますが、インドの伝統医学であるアーユルヴェーダで利用されてきたハーブでもあるため、安心して摂取することができるでしょう。
毎日をイキイキとやる気をアップするなど、嬉しい効果を期待することができます。
多動症でお悩みの方に最適のバコパとは、ADHDの子供が多いアメリカで人気のサプリメントです。
脳の血流を促してくれるだけでなく頭に回転をよくしてくれるなど、様々な効果があります。
また、ドーパミンの分泌を促すセロトニンを増やせるのも嬉しい点です。
ADHDによりストレスを抱えがちの方にもおすすめです。
大人の方はもちろんのこと、子供も安心して飲める多動症サプリとして人気を集めています。

他の多動症改善グッズって?ないの?

現在、多動症の改善グッズとしては
  • ラップウェイトなどといった重みのあるクッション
  • 自発的に姿勢を正すクッション
  • 肩がけのアロマクッション
など、重みや香りで落ち着かせるものが主流であり
サプリメントはコドミンのみとなります。